医学生・歯科学生のみなさんへ

実習案内

あなたはどんな医師をめざしますか?
そのためにどんな学生生活をすごしますか?

大学の授業だけではその答えを見つけることは難しいかもしれません。
実際に、患者さんに出会い、先輩医師に出会い、看護師やコメディカルと出会い、
学生同士語り合う中で見えてくるものも多いはず。

さぁ、気軽に、でも力強く、一歩を踏み出してみませんか?

実習プログラム例

診療所実習 おススメ学年:1年生~

診療所で行なっている往診に同行し、血圧測定や問診など体験するとともに、在宅医療における医師の役割や患者さんのお宅を訪問することで患者さんのおかれている社会的背景や問題点・課題などについて学習できる実習です。自宅で療養されている患者さんと話をしたりしながら、在宅医療の実際を体感できます。大学ではなかなか経験することのできない実習です。

緩和ケア実習 おススメ学年:1年生~

協立総合病院、総合病院南生協病院に緩和ケア病棟があります。がんなどの終末期を迎えた患者さんの疼痛や倦怠感など、辛い症状を緩和しながら、最後までその人らしく生きることを支えています。その人らしい生き方とは。実習を通じて考えることのできる実習です。

家庭医体験実習 おススメ学年:中学年~

患者中心・家族志向型の医療、地域包括ケアの現場で実際の家庭医療に触れてみませんか?

回復期リハビリ病棟実習 おススメ学年:低学年~

リハビリの目的は、さまざまな原因によって日常生活が不自由になった方々が、最良の心身の状況を獲得し、生活能力の改善に応じて自らの主体的な生活を実現し、人間としての尊厳ある生活を取り戻すことです。この実習では、リハビリに取り組む病棟での様子を見ることができます。また、入院されている患者さんの治療や介護計画などについて、医師、看護師はじめ理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、ソーシャルワーカーなど様々な職種が参加し、検討する会議に同席し、高齢者医療・介護の進め方などについて学習できる実習です。

研修医密着型実習 おススメ学年:高学年~

この実習では研修医の一日の流れを見学することができます。
屋根瓦式の研修指導、地域と病院が一体となっての研修指導など。それぞれの病院の特徴を生かした研修指導を見に来てみませんか?

当直(夜間救急)体験コース おススメ学年:高学年~

夕方から翌朝までの間、救急で病院に運び込まれるさまざまな疾患を目の前で見学することができます。様々な救急の現場を指揮し命を守るため懸命に働く医師の姿。プライマリケア能力の重要性を痛感することでしょう。

外来見学実習 おススメ学年:中学年~

各病院の診療時間帯に見学ができます。また、各病院では、ものわすれ外来、糖尿病専門外来、禁煙外来など特徴的な専門外来も見学することができます。

病棟回診見学実習 おススメ学年:低学年~

内科、外科や整形外科の病棟回診に同行し、理学所見や患者さんとのコミュニケーションのとり方などについて学習できる内容です。「臨床実習はまだ…」という3、4年生の方でも理解できるように指導医師が回診前と終了後に簡単なレクチャーを行ないます。

オペ見学実習 おススメ学年:中学年~

実際のオペを見学するのはもちろん、手術前カンファレンスや術前患者訪問、看護師が手術前に行っている機材準備なども体験でき、外科病棟の回診(術後回診)も組み合わせると手術の一連の流れを体験できる実習もできます。オペのみの見学ももちろんOKです。

訪問看護実習 おススメ学年:低学年~

訪問看護ステーションが行なっている訪問看護に同行し、血圧測定や問診などを体験するとともに、在宅医療における看護師の役割などについて学習できる実習です。

保健予防活動(健康友の会班会)実習 おススメ学年:低学年~

民医連医療の特徴のひとつに、病気にかかった患者さんを診察するだけではなく、日頃から地域住民のみなさんとともに保健予防活動・健康づくりの取り組みをすすめている事があります。この実習では、地域住民のみなさんが健康や病気のなどについて学習を自主的に行なっている「健康友の会」の集まり(班会)に参加し、民医連がすすめている保健予防活動・健康づくりの取り組みについて学習しながら、保健予防・公衆衛生活動について考えることができる実習です。班会に参加されている地域住民のみなさんとも交流できます。また、ショッピングモールで行なっているまちかど健康チェックの活動への参加もできます。

その他にもこんな医療活動や学習会やってます

  • 組合員さんとの班会
  • オペ見学実習
  • 研修医カンファレンス
  • 消防隊とのカンファレンス
  • 行動科学学習会
  • 病院ボランティア
  • 健康祭り
  • 健康チェックなど