医師研修案内

研修案内

田中 久 医師

愛知民医連 研修委員長
田中 久 医師

民医連は、初期研修を通じてプライマリケアを地域で実践できる基本的診療能力を身に付け、さらに後期研修や専門研修を通じて、専門研修の研鑽を深め、国民の期待に応えるハートフルな医師づくりを地域の人々と共に実践しています。

愛知民医連の研修目標の3つの柱

  1. 基本的臨床能力の獲得
  2. プライマリーヘルスケアを経験・理解する
  3. 生涯学習につながる自己学習能力を身につける。

臨床研修の特徴は、すべてのコアローテーションにおいて、頻度の高い疾患の診断、治療、初期の救急処置の習得を重視しています。また、民医連事業所のネットワークから、救急医療、在宅医療、緩和終末期医療、予防医療、地域医療など幅広い医療の場の提供と経験が積むことができます。研修を支えるバッググランドには、より良い医療を共に創り上げる患者会組織や病院を支えている地域組織(共同組織、組合員)の存在があり、地域での学習(Community based Learning)と成人学習理論にたった学習者中心の研修が基本となっています。